今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、前頭葉からの司令がうまくいかない、脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。

0
5 ビュー



  • 29歳、有名私大卒の彼女がADHDで抱える苦悩 | 私たちは生きづらさを抱えている

    今までは単なる「ちょっと変わった人」と思われてきた発達障害だが、前頭葉からの司令がうまくいかない、脳の特性であることが少しずつ認知され始めた。最近では大人になって発達障害であることに気づく人も多い。そんな生きづらさを抱えた人を追う本連載。今回は偏差値の有名私大を卒業し、公務員として働きながら、ADHD(注意欠陥・多動性障害)に悩む29歳の女性に話を聞きました。
    小さい頃から片付けが苦手で、通知表には必ず「お片付けを頑張りましょう」と書かれていたという三浦さん。「先生から毎日のように『片付けなさい』と怒られていて忘れ物も多く、典型的なダメな子でした。机の引き…