日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、緑内障になりにくい可能性があるとの研究の結果が発表されました。

0
7 ビュー



  • 「温かいお茶1日一杯以上」で緑内障リスク低下? | ヘルスデーニュース | 毎日新聞「医療プレミア」

    日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、緑内障になりにくい可能性があるとの研究の結果が発表されました。
     日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、中高年の代表的な眼の疾患である緑内障になりにくい可能性があることを示した小規模研究の結果が、「British Journal of Ophthalmology」2017年12月14日オンライン版に掲載された。