八角理事長は「反省する時間を与えたい」として、初場所から3場所の出場停止処分中の式守伊之助を謹慎扱いにしていますが、この間の身分は協会員。

0
1 ビュー



  • 相撲協会:不祥事「判例作り」 式守伊之助辞職でけじめ – 毎日新聞

    八角理事長は「反省する時間を与えたい」として、初場所から3場所の出場停止処分中の式守伊之助を謹慎扱いにしていますが、この間の身分は協会員。また問題を起こせば協会の管理責任が問われることになります。
     東京・両国国技館で13日、行われた土俵祭の祭主を務めるはずだった大相撲立行司・第40代式守伊之助は、未成年行司へのセクハラ問題の責任を取って、事実上、辞職した。日本相撲協会は3場所出場停止処分を科し…