#東山彰良 さんの「僕が殺した人と僕を殺した人」は台湾が舞台。

0
3 ビュー



  • 描かれた鉄路:今回の作品 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』 台湾鉄道縦貫線(台北市) 少年たちの「越境」の象徴 – 毎日新聞

    #東山彰良 さんの「僕が殺した人と僕を殺した人」は台湾が舞台。台北版「スタンド・バイ・ミー」といった趣のある作品です。作中、戦後に中国からわたってきた外省人が暮らす村と、戦前から台湾にいる本省人の地域を隔てる象徴として描かれるのが、鉄路です。
     <一九八四年。わたしたちは十三歳だった。あの年、阿剛(アガン)の家の榕樹(ガジュマル)がやたらと茂っていたのを、いまでもよく憶(おぼ)えている>  東山彰良さんの『僕が殺した人と僕を殺した人』は、自�…