「花筐/HANAGATAMI」の撮影開始直前、末期の肺がんで余命半年と宣告された大林監督。

0
3 ビュー



  • 創作の原点:映画監督・大林宣彦さん 「廊下の奥の戦争」見据え – 毎日新聞

    「花筐/HANAGATAMI」の撮影開始直前、末期の肺がんで余命半年と宣告された大林監督。意気消沈するどころか、「うれしかった」と語ります。末期がんで「火宅の人」を口述筆記した原作者の檀一雄のようだという。「命に対する痛みと覚悟ができた。これで先行世代の青春を描ける」
     公開中の「花筐/HANAGATAMI」は、映画監督、大林宣彦さん(80)の最新作にして原点だという。1977年のデビュー作「HOUSE/ハウス」以前に脚本を書き上げたものの機会に恵まれず、眠ったまま…