スマートフォン向けゲームの隆盛などが業績を直撃して不振が続いていた任天堂が、18年3月期には9年ぶりの増収を見込んでいます。

0
3 ビュー



  • 任天堂:復活の勢い 「スイッチ」好調、1400万台達成も 「屋外で手軽に」受け、ファン層拡大 – 毎日新聞

    スマートフォン向けゲームの隆盛などが業績を直撃して不振が続いていた任天堂が、18年3月期には9年ぶりの増収を見込んでいます。
     2017年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」(国内価格は税抜き2万9980円)のヒットで、任天堂が勢いを取り戻している。18年度のスイッチの世界販売目標について、君島達己社長は「2…